CATEGORY

チェロを演奏する。

こんなチェロ・デュオを演奏したい

私のfavorite cello duoを紹介します。 スイス生まれの兄弟、トーマス&パトリック・ディメンガです。 YouTubeで演奏しているのはバリエールの2本のチェロのためのソナタ第10番です。 この曲は一見簡単なようですが、実は彼らの演奏のように軽快な中に旋律の美しさを伝えるのは難しいのです。チェロという楽器の特色をとてもよく伝えています。下手な人間が演奏すると、もっとゴツゴツした下品な演 […]

チェロを買う。

初心者にもわかるチェロの独習方法です。 まずはチェロを買いましょう。 ①大学生でオーケストラ活動をする方、②主婦(主夫)又は社会人で時間はあまり取れそうにないけれど長く続けたい方、③リタイアした方でそれなりの予算があるけれど、そもそも演奏できるか自信がない方に分けてお話しします。 大学生がチェロを習うなら 音大生以外の大学生の場合は、迷うことなくまずチェロの演奏技術を教えてくださるプロの先生を探し […]

チェロを演奏する。

チェロを習い始めたのは10歳です。それ以来、長い中断もなくずっと演奏してきました。暖かみのある音色に、演奏している自分自身が癒されます。 今ではコンチェルトも演奏します。最初に演奏したのはハイドンのCメイジャーでした。第二楽章の旋律は、なんだか亡くなってしまった肉親を懐かしく思い出しているようで、全身が音楽に溶け込んでいくようでした。 ドヴォジャーク(ドボルザーク)はもっとも有名なコンチェルトです […]

コル・ニドライ(ブルッフ)

マックス・ブルッフはドイツの作曲家です。 この曲はユダヤ教の旋律が採用されていますが、ブルッフ自身はプロテスタントです。 最初はニ短調の暗い印象で始まります。 チェロの1番弦の第一ポジションの4の指(小指)の位置に当たるD(レ)の音から始まります。と言っても普通は2の指(中指)で音を出しますけれど。 ポジショニング、つまり指使いとしては非常に単純なので、初心者でも演奏はできます。 ですから、案外こ […]

サン・サーンスの白鳥

チェロの名曲、サン・サーンスの白鳥について語ります。「動物の謝肉祭」という組曲の、終曲のひとつ前で演奏されます。 名前のとおり、いろいろな動物が出る組曲で、あきません。子どもの鑑賞にもぴったりですね。 最初の曲は「序奏と獅子王の行進曲」です。獅子王というのがよくわかりませんが笑、2台のピアノ、ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ、コントラバスで更新曲を演奏します。 これから楽しい時間が始まるよ、とい […]