CATEGORY

ヴァイオリンを聴く

  • 2022年6月12日
  • 2022年7月1日

14歳のクロエ・チュア

2020年10月のクロエ・チュア、シンガポール交響楽団との演奏です。 2007年1月7日生まれなので現在は15歳になっていますが、この演奏時はまだ14歳です。とはいっても、2018年に11歳でメニューイン国際音楽コンクール・ジュニア部門で優勝したときと比べると、ずいぶん大人っぽくなりました。 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第2番、指揮はハンス・グラフ、演奏はシンガポール交響楽団。録音は2020年 […]

  • 2021年8月22日
  • 2022年5月5日

バッハ無伴奏パルティータ – MIDORI!

五嶋みどりとその演奏について考えています。 彼女が一般的に名前が知られるようになったのは「タングルウッドの奇跡」と呼ばれるできごとが大きかったのでしょう。 けれど 私にとってはバッハの無伴奏パルティータを聴いてから、やっと彼女の世界観を理解できたような気がするのです。 無論それは自己満足です。 素晴らしい演奏を無条件に楽しめることが心からありがたいです。 私はチェロ弾きですから、こんなに重音の多い […]

  • 2021年7月4日
  • 2022年5月5日

タングルウッドの奇跡 – MIDORI!

五嶋みどりの音楽を聴いていると、その音楽性の深さに引き込まれます。 深海の底まで誘われたかと思うと、その次の瞬間には宇宙の果てへ光速で突き抜けたような爽快感が広がります。 彼女の音楽は、世に出た最初から五嶋みどりの音楽でした。 ちょっと古いお話ですが、彼女の名を世界的に知らしめるきっかけの一つとなった、タングルウッドの奇蹟について考えています。 まずは、ニューヨークタイムスの古い記事を引用します。 […]

  • 2021年4月11日
  • 2021年7月28日

クロエ・チュア=Chloe Chua=蔡珂宜!

クロエ・チュアがどのように報道されているか、インターネットで検索してみました。 ほとんどは2018年にメニューイン国際ヴァイオリンコンクールのジュニア部門優勝したことばかりですが、わずかに母国シンガポールの聯合早報(Lianhe Zaobao)という、同国で最大の中国語新聞で特集記事を見つけました。 https://www.nafa.edu.sg/media/2018/ZaoBaoWeekend1 […]

  • 2021年4月10日
  • 2021年4月13日

聴き入ってしまうクロエ

クロエ・チュアが大きく世に出たきっかけのメニューイン2018です。 このセミファイナルの演奏は、聴いてしまうと他のことができなくなります。 ですから、なかなか聴きません。 たまにはいいか、と思ってまた聴いてしまいました。 皆様はどのような感想を持たれるでしょうか。 私は、テクニックのすごさとか、ボウイングの軽やかで美しいこととか、そんなことはすべて、逆説的ですが aufheben (止揚)して、そ […]