MONTH

0年0月

メトロポリタンオペラ

カヴァレリア・ルスティカーナ、あるいはゴッド・ファーザー3 リンカーンセンターの正面奥に、メトロポリタンオペラハウスはあります。 昼間、噴水越しにその建物を見ると今晩の出し物を想像して心が騒ぎます。 夜、暗い中に照明に浮かぶ姿は舞台のオーケストラが聴こえてきそうです。 私はニューヨーク滞在中は必ずオペラのシーズンチケットを買います。全ての演目を見ることはできませんが、選択の中心となるのはいつもこの […]

ティファニーで朝食を(映画)

Breakfast at Tiffany’sは、アメリカの小説家 Truman Capote が1958年にランダムハウスから出版し瞬く間に大ヒット作となった小説です。 一方、同名の映画は、1961年に Audrey Hepburn 主演でパラマウントにより映画化され、こちらも大ヒット作となりました。 あなたは映画の印象が強いでしょうか?それとも原作小説がお好きですか? 私はどちらも「 […]

原作は映画を上回っているか?

ティファニーで朝食を(小説) 「ティファニーで朝食を」というタイトルで、ほとんどの方はオードリー・ヘプバーンが主演した映画を思い浮かべるでしょう。原作の方は、日本人であればヘプバーンが表紙の龍口直太郎訳・新潮文庫を「映画を見てから読んだ」という方が主流派でしょう。私もそうでした。 2008年に村上春樹が新潮社から新訳本を出版しました。こちらの表紙はティファニーカラーの濃い水色に金色の縁取りがあるだ […]

チェロ協奏曲ならハイドン!

三大チェロ協奏曲って、誰が決めたのか知りませんが、よく演奏されるという評価ではドヴォジャーク、エルガー、サン=サーンス、シューマン、ラロと並んでハイドンの2曲の協奏曲はよく演奏されますし、愛好者も多いと思われます。 これにリヒャルト・シュトラウスの交響詩ドン・キホーテ、チャイコフスキーのロココの主題による変奏曲などもチェリストにとっては重要なレパートリーです。 ハイドンの協奏曲は、高校生のときから […]

ワールドトレードセンターの思い出

2001年9月11日の同時多発テロで破壊された世界貿易センター=WTC(World Trade Center)を覚えていますか。 世界貿易センターには、日本の企業も多く入居していました。私の知っているだけでも日本の銀行のニューヨーク支店、東京都ニューヨーク事務所などが入っていました。 そんなご縁で、私は何度も、かつてあったWTCに登ったことがあります。 印象としてはセキュリティが厳しく、そのため敷 […]